塾講師の年齢は比較的若い塾講師が多いイメージがあります。
これから塾講師を目指す人が不安に思ってしまう可能性があるので、塾講師の年齢に関わる情報を紹介します。
まず基本的に塾講師にも定年があります。
これは制度としての定年よりも、現役塾講師として働ける職場が少なくなってしまうことによる定年です。
塾講師の場合、それぞれの塾に所属する専任塾講師と非常勤塾講師がの2つがあります。
専任塾講師の場合、採用基準に年齢制限があることが多いです。
しかし、一度入ってしまえば高齢まで続けることがしやすい特徴があります。
これは塾講師としての実績が評価された場合です。
一方、非常勤塾講師の場合期間が決められた雇用契約の場合が多く、その都度採用試験をパスする必要があります。
したがって、年齢制限をクリアしなければならないことが多く、専任塾講師よりも若い塾講師の方が多くなる傾向にあるのです。
ただし、大手予備校などで活躍している人気塾講師などは年齢を重ねていても様々な予備校や塾からスカウトがあるように、一概に年齢が足かせになるとは限りません。
したがって、これから塾講師を目指そうとする方も努力次第で年齢の壁をクリア出来るようになることを把握しておいて下さい。