中学受験の塾の転職に際して教員免許が必要なのか否かという疑問を持つ方は多いです。
実際のところ教員免許が必要なのかどうかはその中学受験の塾の経営方針によって違うと言えます。
塾の中でも本当の学校のように指導に力を入れているところの場合には、転職の際担当予定の科目に合わせた教員免許が必要な場合もあります。
しかし、のんびりと生徒のペースに合わせながら教えていく中学受験の塾の場合には教員免許が必要とも限りません。
そうした塾の場合では大学を卒業していれば採用してくれることも多いので、塾講師の求人に応募する場合の教職資格の有無はケースバイケースです。
教職が必要な中学受験の塾で資格を持っていないまま採用された場合でも働きながらその資格を取得させてくれたりする場合もあります。
ですので、転職する際に教職の免許が必要なのかどうかは必ず事前確認しましょう。
教職を持っていなくても、教育学部などの教員養成課程を出ている場合には採用となるケースもあります。
塾講師で大切なのは資格よりも指導能力です。
これから塾講師になろうと考えている方は未経験でも応募が出来るところにまず応募するのが良いでしょう。
そのような塾ならば教員免許が必要になることもありません。

より詳しく中学受験の塾への転職について知りたい方はこちらのサイトをオススメします⇒中学受験 塾 転職